トランペットの呼吸について

トランペットで最も重要なのは呼吸です。ほぼ全ての要素が呼吸とも言えます。
しかし息は目に見えるわけでもなく、それぞれの感覚的な部分が強いので習得が難しい要素です。また伝え方や受け取り方でまるで吹けなくなってしまうことも起こり得ます。

トランペットのアンブシュア(唇の形)について

金管楽器を吹くうえで誰もが悩むのはアンブシュアです。トランペットはマウスピースからはみ出している部分が見えるため、逆に様々な混乱を引き起こします。

トランペットのシラブル(舌の形)について

トランペットの音域のコントロールに最も効果的で効率的なのは舌をうまく使い口腔内の容積を変えることで息の速度を変えることです。
シラブルの考えには反対派もあり、その意見が生まれる理由についても説明します。

トランペットのフィンガリングについて

トランペットで最も簡単な要素がフィンガリングと言えますが、あまり音に重要ではないと感じやすい分、まじめに取り組んでいない人も多い印象です。
努力でなんとでもできるのでたくさん練習しましょう。

トランペットの「支え」とは

「おなかで支える」と言いますが、支えるというのはどういった感覚なのでしょうか?ただ腹筋に力を入れることではありませんし、そのために腹筋運動で鍛えても効果はありません。

トランペットのタンギングについて

タンギング次第でいい音がでていても全てを壊してしまうことがあり、とても難しいところです。日本人に多いのはタンギングにより音が詰まってしまうことや、不明瞭にしか吹けないというところです。

トランペットの調子が悪い時

トランペットを始めたばかりの人は特に、日によって音の出やすさや音が違うことに戸惑うと思います。それには様々な要因があるのでパターンごとに解説します。

トランペット初心者の練習

トランペットは非常に難しい楽器ですが、初心者の方はまずどんな練習をすれば吹けるようになるのでしょうか。

トランペットの教則本

トランペットはピアノやバイオリンと違い、それほど体系化された教本がありません。
プロを目指すうえでみんなが勉強する教本について解説します。